遺体の管理

春のお彼岸も終わり気温上昇とともに過ごしやすい季節になってまいりました。 この季節気を付けたいのが遺体の管理です。 火葬が翌日以降の場合、遺体は陽の当たる部屋は避け、できるだけ涼しい部屋で安置してしてあげましょう。